即日キャッシングする方法について紹介します!

即日キャッシングをするためには

即日キャッシングをするためには

即日キャッシングを行っている消費者金融は多くあり方法も様々です。どのような方法であっても、その日のうちにお金を受け取るためにはいくつかの要点をクリアしなければいけません。

即日キャッシングの簡単な流れは、申し込み、審査、契約、融資の実行となります。今回はこの中で1番時間を取られる可能性がある「審査」をスムーズにするにはどうすればいいのかについてお教えします。

審査は状況によって時間がかかってしまうことがあります。即日キャッシングをするためには時間内にお金を受け取らなければいけません。なぜなら、振り込みやATMの利用でお金を受け取ることが多く、銀行などは時間になると閉まってしまうからです。

審査に時間がかかってしまうとその日のうちにお金を受け取ることができなくなってしまいます。では、どのような状況だと審査が長引いてしまうのでしょうか。

審査が長引く理由の一つ目は、過去にキャッシングを行っていてトラブルを起こしていた場合です。審査では個人信用情報機関に照会して、過去に滞納などを起こしていないかを調べます。もしも過去にトラブルがあった場合は、どの程度のトラブルなのかを調べるために、時間がかかってしまいます。

他社から多額の借り入れをしていると、総量規制のために借り入れができない可能性があるので、確認作業などを行い審査に時間がかかってきます。

三つめは、インターネットや自動契約機、郵送などで人と対面することなく手続きを完了することができます。申し込みの時点で偽りの情報記入することができると思ってしまうかもしれませんが、業者側が申込書に記入された事項を鵜呑みにすることはありません。

顔を合わせることなく契約をするのですから、消費者金融側も申し込み書の情報は重要視します。曖昧な情報は不明瞭のままにはせず、電話やメールなどで確認をしますので、時間がかかってしまうのです。

即日キャッシングは時間が勝負ですので、申し込みは前もってしておけばそれだけ時間を短縮することができます。
宮崎太陽銀行

年金受給者はキャッシング可能?

人によってなにで生計を立てているかというのは違いますが、年金を利用して生計を立てているという方もいますよね。 平均寿命が長くなってきたということもあり、年金受給者は増えています。

高齢になると病気にかかりやすく、医療費もかかってしまうため、体調不良が続いたりすると年金のみではやりくりができず、消費者金融からのキャッシングを検討することがあるかもしれません。

では、収入が年金のみという場合は消費者金融から融資を受けることができるのでしょうか。 これは残念ながら難しいようです。

その理由として挙げられることが、高齢者に貸付を行うのは貸し倒れのリスクが高くなってしまうということです。 高齢になってくるといつなにがあるか分からないため、もしもお金を貸したあとにすぐに亡くなってしまったということになると消費者金融としても大変です。

消費者金融側としてはできるだけリスクが少なく、確実に返済してくれる人に対して貸付を行いたいと考えているため、年金受給者が審査に通る可能性は極端に低いです。

高齢になるほど返済能力が落ちてしまうため、消費者金融や銀行のキャッシング審査に通るのは厳しいと思っておいたほうが良いでしょう。

業者によって基準は違うものの、69歳、または65歳を申し込み年齢の上限としている業者がほとんどです。

では、キャッシングの審査に通らず、お金がなくなってしまった場合にはどのように対策をとれば良いのでしょうか。 これは、独立行政法人 福祉医療機構が行っている年金担保貸付事業を利用するのがおすすめです。

年金担保貸付事業を利用すれば、年金を担保にしてお金を借りることができます。 借りられる金額は年金の年額の範囲内となっており、消費者金融のキャッシングとは違って追加の借り入れはできないのですが、連帯保証人が必要ないため、検討しやすいでしょう。

他には、銀行の口座を持っている方へのサービスとして、年金受給者用のローンを取り入れているところもあるのでチェックしてみてくださいね。

教育費ってどのくらいかかるの?

子供が成長するにつれて気になるのが教育費ではないでしょうか。幼稚園から高校まですべて公立の学校を卒業した場合は総額およそ550万円です。もしすべて私立の学校だとしたら総額およそ1660万円ほどになります。

これらには塾や習い事の費用も入ります。大学まで行かせた場合は国公立大学で400万円ほどかかります。ですので大学までの費用を含めると1,000万円近くになり、私立だと多ければ約2,300万円ほどかかります。

こう考えると本当に子供の教育費を出してあげることができるのかどうか不安になってしまいますよね。教育費は子供が生まれた時点から準備を始めた方がいいかもしれません。

教育費を準備する方法として学資保険・教育ローン・奨学金があります。学資保険は教育費の準備としては一般的です。赤ちゃんが生まれてすぐに学資保険に入る人が多いようです。

18歳になるまでに節目ごとに祝い金が払われるものが多いので、入学準備資金として使うこともできます。教育ローンは大学入学を機にローンを組む人が多いようです。大学は何百万というお金を4年間で支払わなければいけません。

しかも子供が2人同時期に大学生になるという方も多いでしょう。年間に200万、300万という金額を出すのはやはり大変なことです。住宅ローンもまだ残っていて家計が大変なので奨学金を借りるという家庭も増えてきています。

奨学金はさまざまなシステムがあるので各家庭にあった奨学金の制度を利用しましょう。ただし、心に留めておかなければいけないのは、奨学金は社会に出た子供が返済をしていかなければいけないものです。

うまく就職ができなかったりすると奨学金の返済が負担となってくることがあります。滞納してしまうと通常の融資と同じように個人信用情報機関に登録されてしまい、クレジットカードやカードローンが作れなくなってしまう可能性もあります。

お金がなくて子供の将来を潰してしまうのは、親としてはつらいことですよね。子供ができたときから計画的に教育費は貯めていくようにしましょう。それでも足りないということはあると思います。そんな時は無理せず、計画を立てて借り入れをしていきましょう。

↑ PAGE TOP